スーツのクリーニング

クリーニングに出せばスーツはきれいになるから、ちょくちょく出した方がいいと感じる人も多いのではないでしょうか。しかし、スーツはクリー二ングに出すと、生地に含まれている脂分までクリーニングによって落ちてしまいます。だからクリーニングに出すことによって、スーツの生地が傷んでしまいます。


そのためクリーニングに出すのは、汚れがひどくなったときにだけ出すようにして、あまりちょくちょく出さずシーズンで1度くらいを目安にして出すようにしたほうがいいでしょう。 このようにすればスーツの生地を傷めることなく長く使うことができます。


クリーニングに出す回数を減らす工夫として、スチームアイロンを利用するのがいいです。できてしまったシワをスチームアイロンの利用して伸ばします。そしてブラッシングも行うことも大事です。 汚れていないように見えても意外に埃や塵がついているので丁寧に行うようにしましょう。何度もケアをすることによって、スーツを長くきれいに保つことができます。ひと手間で長く使用することができるので、面倒だと考えずに行うようにしましょう。


そして連続して同じスーツを着ないことも長持ちさせるポイントです。着回しを行えば寿命をより長くすることができます。


スーツをクリーニングに出すときに気をつける注目点があります。 上下一緒に出すようにしましょう。なぜならクリーニングによって色の変化が出てしまう場合があるためです。上だけ出して持って帰ってみると、下と色が異なっているなんてこともあるかもしれないので留意が必要です。 汚れがある場合はどの部位に汚れがあるのか伝えておくようにします。


なぜその汚れがついてしまったのか、原因がわかれば伝えておいた方がいいでしょう。そうすることで汚れをとってもらえる確率が上がります。ポケットに中身が入っていないかどうかもしっかりと確認しておくようにします。 クリーニング店からスーツが戻ってきたら、何か問題はないか真っ先に確認するようにしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。